視能訓練士の仕事内容

OZPA87_shinsatusuruisya20140321_TP_V
目の治療のプロフェショナルといわれる「視能訓練士」
最近では名前を知られてきた「視能訓練士」ですが、詳しくはどのような職業なのでしょうか。

視能訓練士のお仕事

視能訓練士とは眼科医のもとで「目に関する検査」「視力が回復するための訓練」を行う仕事です。
目に関する専門家であり視能訓練士が検査した結果を見て眼科医は治療内容を決定していきます。
視能訓練士の役割は大きく分けて三つあります。
・目に関する検査の実施
・視力の向上
・リハビリに関する業務
また学校などに訪問して学生たちの目の検診を行うこともあります。
主に行われている業務は「目に関する検査の実施」ですが働く場所によってその職務内容は変わってきます。
主な職場は病院や個人の眼科医院で、最近はレーシック専門のクリニックなどにも視能訓練士が常駐しているところが多いようです。
また視能訓練士は「リハビリに関する業務」も行うのでリハビリテーションセンターなどで働く人もいるようです。

目に関する検査の実施とは

患者さんはどのような症状に悩んでいるのかを明確にさせるため様々な検査を実施します。
調べる項目は「視力」「視野」「色覚」「眼圧」「色覚」など多岐に渡ります。
眼科で利用する器具は年々便利になる一方種類や用途が増えているため、機械の使い方などを理解することも視能訓練士の大切な仕事です。

視力の向上

弱視や斜視・眼球の運動が上手くいかない人と訓練を行うことです。検査の結果をもとに眼科医とともにどのようにトレーニングしていくかを検討して訓練プログラムを作ります。
患者さんと二人三脚になって視力の向上を図ります。
子どもの斜視などは手術をすれば訓練せずに治すことが多いため「訓練」か「手術」かを見極める力も必要になってきます。

リハビリに関する検査の実施

リハビリとは「今も物は見えているが生活がしやすくなるレベルまで戻す」業務です。
虫眼鏡や拡大読書器などの使い方を教えて生活するうえで不便が無いようになるまで練習を重ねます。
リハビリをする人の中には高齢者も多く新しいことを覚えてもらうのには時間がかかることもあるようです。
患者さんが諦めないようそばで一緒にリハビリに取り組むのも視能訓練士の大切な仕事です。
リハビリに関する業務は仕事が細分化されている病院勤務の視能訓練士が行うことが多く個人病院などではあまり行われないようです。

現在、視能訓練士は人材不足に陥っているのが現状です。
人の視力と心を支える視能訓練士に興味があるのであればまずは視能訓練士を募集している病院から検索してみてはいかがでしょうか。
人材不足だからこそ視能訓練士の募集は多く行われています。
視能訓練士を目指してぜひ頑張ってくださいね。

視能訓練士の募集についてはここへ